相手の狙い

こんにちは。ユキヤマです。

伊達利夫先生のわくわく囲碁教室を受講しました。

上の写真です。

黒が白模様を消そうとして、対する白は黒模様を消そうとしているところです。

白はケイマに打ってきました。何のために?

相手の陣地に入っていくときは、ケイマに打つと切られやすいといいます。どうしてケイマなんでしょう?

もし黒が別のところに打つと…

黒石が切り離されました。

切断を狙う手だったんですね。

なので、黒は守りました。

こうなると逆に、白のケイマの石に隙がありそうですね、ということでした。

対局中に、相手の隙を狙って石が取れたら爽快でしょうね。