初級

価値の大きな手

こんにちは。ユキヤマです。

伊達利夫先生のわくわく囲碁教室を受講しました。

上の写真は二連星の布石です。

 

白の左下隅の打ち込みの後、黒は二線の石のツギを打たず、上辺の二間ビラキを打ちました。

白はすかさず切ってきました。

黒はどうしますか?

 

 

黒の立場で考えるのは、なぜツギを打たなかったのか、です。

例えばカケツギを打ったとして、黒は右辺に何目かの地ができました。

対する白は、右上隅の打ち込み、上辺のヒラキ、下辺の黒の消しなど、いろんな手が考えられます。

 

黒としては、ツギよりも地の増えそうな手があるので打たなかった、という考えでしょうか。

 

白のキリに対しては、黒はこの石を捨てる、というのが答えでした。

 

価値が小さいから捨てる。

確信を持って捨てるってかっこいいですね。

LINEで送る
Pocket