キリにご注意

こんにちは。ユキヤマです。

対局中って、知っているはずの詰碁や手筋の形が出ても、見逃していることがよくあるみたいです。

対局中は気づかなくて、後で棋譜添削をしてもらって初めて、ここは簡単な手筋で取れたんだ、と気づいたり。

勉強して、対局して、添削してもらって反省して、囲碁はその繰り返しですね。

伊達利夫先生のわくわく囲碁教室を受講しました。

上の写真です。

白はちょっと欲張りました。キリがたくさんあります。

黒はどう打ちますか?

キリから分断することができました。

白が反対を守っても、一目取ることができます。

遠慮しすぎると地が足りなくなる、でも欲張りすぎると咎められます。

いい塩梅が難しいです。

知っているはずの手筋、実戦で使えるようになりたいです。