早い打ち込みには

こんにちは。ユキヤマです。

伊達利夫先生のわくわく囲碁教室を受講しました。

上の写真は6子局です。

白は右上に内ガカリして、続いて左上に打ち込みです。

黒はどうしますか?

白は、内ガカリした石にまだ眼がないのに、別の場所に打ち込みました。弱い石が2つできました。

黒の弱い石はありますか?

黒は、上辺のヒラキの石が弱いので、トビを打ちました。

続いて白は左上の三々に打ち込んで生きましたが、相変わらず弱い石が2つあります。

これは6子局ですが、互先で弱い石を攻めながら地を作る極意を、6子局から学び取ろうというお手本だそうです。

攻めながら地を作る、よく聞く言葉ですが、コツを掴むのが難しいテーマです。