大場より急場

こんにちは。ユキヤマです。

囲碁の格言ってすごいですね。そのものズバリ、打ち方を教えてくれたりしますね。

わたしも対局中におまじないのように唱えます。ツケにはハネよ…、とか、攻めはケイマ…、とか。

伊達利夫先生の音声教室を受講しました。

今回のおはなしは「弱い石を見逃すな」です。

上の写真、黒が左上にカカリを打ち、白がシマったところです。

黒は次にどこに打ちますか?

黒は下辺に開きました。白の弱い石が逃げたので、次に黒はシマリを打ちました。

弱い石を攻めるといっても、封鎖したり取りに行くだけではないんですね。

この展開だと、黒がかなり良さそうです。