先生の棋譜

こんにちは。ユキヤマです。

将碁友の会に観戦・実況というメニューがあります。

わたしは、あまり人の碁を見たことがないのですが、水戸夕香里先生の音声解説はすごくわかりやすくて、見ていて面白いです。

山田規三生先生と、いつも教えていただいている伊達利夫先生の一局も、水戸先生の音声解説で見せていただきました。

わたしには難しい内容でしたが、水戸先生のお話がわかりやすくて、なるほどそうやって考えるんだなと大変参考になりました。

伊達先生の音声教室58回目を受講しました。

上の写真は、伊達先生のお手本ロボット対局の棋譜です。

いつも、この後どう打ちますか?お手本ロボット対局で打ってみたらどうなりましたか?という話になりますが、伊達先生が打つとどうなるのですか?ということですね。

そのあと20手ほど進むと…

消しに来た白石は、生きることが難しそうです。

右下は打ち込まれましたが、それよりも中央にできた黒地が大きいです。

難しい手筋ではなく、目をつける場所や攻める方向で、こんなに形勢が変わりました。

こういう考え方を覚えていけたら、すごく強くなれそうですね。