ノゾキの石

こんにちは、ユキヤマです。

今まで覚えた手筋ってそう多くはないのですが、形を見てピンとくるものは、その後の答えが頭の中で自動で再生されます。

繰り返し見るって大切だなと思います。

伊達利夫先生のわくわく囲碁教室を受講しました。

グループ授業なので授業中に打つ機会はあまり無いのですが、パソコンの画面で石が増えていくところを眺めているだけで、何となく形が頭に入っていく気がしますね。

間違いなく覚えるには、碁盤に並べるのが一番早いのかもしれませんが。

さて、上の写真です。

黒は、右下の打ち込みを守りながら、下辺の白を攻めました。

白がノゾキについだところです。

このノゾいた黒石は、この後どうしますか?

もし、動き出すと?

白の2子を分断することはできます。

ただ、右辺の打ち込みを守ったはずが、また右辺に打ち込みまれる可能性が出てきました。

ノゾいた石はカス石です。

助けようと思わない方がいいですよ、というおはなしでした。