死活の知識

こんにちは、ユキヤマです。

詰碁の問題だったら解けるのに、実戦で出てきたら、その形だと気づかずに通り過ぎていること、実はよくあります。

それも、自分では気づいていなくて、棋譜添削で指摘されて初めて気づいたりしています。

改めて詰碁の問題を解いていたら、この形は指摘されたのと同じだと気づいたり。

そんなことを繰り返しながら、いつかは実戦で活用できたらいいのですが。

伊達利夫先生のわくわく囲碁教室からです。

上の写真です。黒は次にどこに打ちますか?

左下は、星に三々打ち込み定石ですね。

白が押さえました。この形は白先でどうでしょうか?ということですね。

黒は手抜きで生きです。

そこで、白の弱い石を封鎖しにいきました。

死活がわかると無駄手が減りますね。

少しずつ覚えていきたいです。