モタレ攻め

こんにちは。ユキヤマです。

「弱い石は見逃すな」と言われても、見つけた弱い石をどうやって攻めていいかわからないことがあります。

有効な手筋を知らないこともあるし、どこに打てば相手に響くかわかないこともあるし。

伊達利夫先生のわくわく囲碁教室を受講しました。

写真は三連星のお手本の途中で、黒が間違って打ったところです。

左辺に内ガカリした黒は、まだ眼がありません。

なんとか仲間の黒とつながりたいところです。

白はどう攻めますか?

中央で一間に飛んだ黒石と、下辺の黒石は3間開いていますね。

この線を切ると、黒は右辺とつながりにいくか、もしくはここで2眼作らないといけなくなるんじゃないでしょうか。

白としては、黒を攻めながら白地を大きくできるといいですね。

そこで、「遠くの石にモタレ攻め」です。

下辺の黒を助けると、左辺の黒の一団が封鎖されそうです。

左辺の黒の一団を逃げると、下辺に白地が増えそうです。

対局中、「あっ、こういうときはモタレ攻めだ」とピンときたら楽しいでしょうね。