勝負の打ち込み

こんにちは。ユキヤマです。

地ができてきたとき、相手の打ち込みを怖がって守ってばかりいては、打ち込みは防げるかもしれないけど、地合いで負けるかもしれませんよね。

不要なツギも同じですね。

じゃあ一手必要か、不要かという話になると、相手と自分の読みの力にかかってきますね。

伊達利夫先生の音声教室を受講しました。

上の写真の状態です。黒優勢ですね。

白はこのまま囲い合いをすると負けそうですね。

このまま終わらせますか?

終わらせる前に、勝負の打ち込みをしました。

ここで生きたら黒地を荒らせます。

生きられなかったら…元より負けそうなんで、勝負がついたということでしょうか。

白が左辺で二眼作ることができないように、はたまた仲間の白と連絡することができないように、黒はうまく攻めることができるでしょうか?

できなければ先に打ち込みを守るのも一つの手段だし、

守りを打つことに一手と一目を消費するより、打ち込まれたときに攻めてやっつけようという考え方と、形勢にもよるし、どちらがいいでしょうね。