弱い石の攻め方

こんにちは。ユキヤマです。

伊達利夫先生の音声教室を受講しました。

上の写真は、中央の白地が大きいので黒が消しに来たところです。

黒からすると、生きられなかったら投了、といった、勝負の場面でしょうか。

白はどこから攻めますか?

[実戦 1]

実戦は左から攻め、黒は何とか一眼ができたところです。

もっと攻め方があったでしょうか?ここで変化です。

[変化 1]

白には右下と上辺と2カ所、隙間がありますね。

右下の出口を塞ぐように攻めました。

[実戦 1] より黒は苦しそうです。

さて、[実戦 1] の続きです。

まだ黒は一眼です。どこから攻めますか?

[実戦 2]

実戦では左から攻めました。黒は上辺に逃げ出しました。

黒は連絡できるでしょうか?連絡されると白は苦しいです。

ここで、変化です。

[変化 2]

[実戦 1] のあと、黒が逃げられないように上から攻めました。

左には白の壁が待っているので、「厚みに押し付けて攻めよ」です。

黒はまだ一眼しかありません。生きられるでしょうか?

生きられなかったら白の勝ちですね。

最後に、[実戦 2] の続きです。

黒、連絡できるか。白、連絡させずに、中央の黒を生きられなくできるか、というところです。

[変化 3]

白、カケツギで守り、黒は連絡できませんでした。

白は▲にキリがありますが、右上と連絡しているので大丈夫です。

このカケツギ、かっこいいですね。

こうしてカケツギで難を逃れたわけですが、元をただせば、[変化 1] の通りに、下から攻めるともっと楽でした、というおはなしでした。